コクピットQ&A

一覧へ

Q

乗り心地を損なわずにローダウンできる方法は?

車高を下げて見ためをもっとカッコよくしたいと思っています。スプリングの交換は乗り味の変化が心配なので、何か良い解決策はないでしょうか?

A

快適性にもこだわったTEIN「STREET FLEX」はいかがでしょう。

車高調を組み込む目的はさまざまですが、その多くがルックスの向上と走りの改善です。
「STREET FLEX」は、これらの要素はもちろんのこと、ローダウンやインチアップを前提にストリートで満足できる乗り心地を追求しています。

TEIN「STREET FLEX」
TEIN「STREET FLEX」

複筒式構造を採用し、ゆとりあるストローク量を確保

路面に凹凸などが多い街中でも心地良い走りを実現するために、「STREET FLEX」は、オイル室とガス室が直列配置されていない複筒式構造を採用し、十分なストロークを得ました。ベースバルブによって封入ガス圧を低くすることができる複筒式は、フリクションを抑制する点でも有効で、乗り心地に優れる傾向にあります。これらの効果によって、低速ではしなやかに、高速ではフラットで安定感ある走りを実現します。

また、ストロークやスプリングのプリロードを変化させずに車高調整でき、調整時の乗り味の変化も少ない全長調整式車高調整機構を搭載することで、見ためと快適性の両立を図っています。

複筒式構造

減衰力調整によってオーナー好みの乗り心地に

「STREET FLEX」は、定評のあるニードルバルブ式16段伸/縮同時減衰力調整機構を備えています。ショックアブソーバ先端の調整ダイヤルを回すことで減衰力(硬さ)を1段1段調整することができるほか、電動減衰力コントローラEDFCシリーズを装着すると車内からでも減衰力を変化させることができます。特に最新モデル「EDFC ACTIVE PRO」は、減衰力の4輪個別自動調整が可能となっており、ショックアブソーバの性能を最大限に引き出してくれます。

また、オイル流量を制御するニードルバルブに好評の「ADVANCEニードル」を採用したことで減衰力の変化量を従来比約200%に拡大。好みのセッティングがより見つけやすくなりました。

減衰力調整ダイヤル

減衰力調整ダイヤル

EDFCってどんなものですか?

2タイプの付属アッパーマウントを用意

車種別専用設計のアッパーマウントが付属する点も注目すべきポイントです。シャープなステアリングレスポンスが持ち味のピロボールアッパーマウント、もしくは走行時の不快な異音を低減する強化ゴムアッパーマウントを車種によって採用。フロントストラットタイプのピロボールアッパーマウントにはキャンバー調整機構が備わります。(※一部車種は純正マウントを使用)

ラインナップは軽自動車やコンパクトカー、ミニバン、セダン、スポーツカーまで150車種以上。充実した仕様にもかかわらず、リーズナブルな価格実現したことも大きな魅力と言えるでしょう。

強化ゴムアッパーマウント(ストラット用)

強化ゴムアッパーマウント(ストラット用)

ピロボールアッパーマウント(ストラット用)

ピロボールアッパーマウント(ストラット用)

SR-11

軽自動車からスポーツカーまで幅広くラインナップ。

アライメント調整で本来のパフォーマンスを発揮

車高調はもちろん、足まわりを交換した際にぜひ行ってほしいのが「アライメント調整」です。タイヤやホイール、車高調など足回りのパーツ交換を行った場合、アライメントにズレが生じます。パーツ本来のパフォーマンスを発揮するためにも、アライメント調整が必要になるのです。

コクピットでは、プロのスタッフが測定機器を使って診断、調整を行い、快適な走りの実現をサポートしています。

アライメント調整
足まわりの交換時にアライメント調整は必要ですか?
STREET FLEXの詳しい情報はこちら
車高調の装着・交換は、お近くのコクピットへ
関連記事を検索する
  • フリーワード