コクピットQ&A

一覧へ

POTENZA S001 RFT

POTENZA S001 RFT

Q

ランフラットテクノロジー採用タイヤの長所って何ですか?

長年乗り続けた愛車を乗り換えたいと思っています。そこで、いろいろなクルマを調べてショールームにも足を運んだのですが、タイヤを見ると「POTENZA S001 RFT」を装着しているクルマがありました。ランフラットテクノロジーを採用しているということでしたが、それってどんなタイヤですか? 詳しく教えてください。

A

タイヤ内の空気圧がゼロになっても、時速80km/h以下で80kmの距離を走ることができるタイヤです

ブリヂストンの「ランフラットテクノロジー採用タイヤ(=以下ランフラットタイヤ)」は、パンクなどによって空気圧がゼロになってしまったとしても、時速80km/h以下で80kmの距離を走行することが可能です。そのため、突然パンクしたときでもハンドルをとられることなく、安全な場所まで走行することができます。また、ランフラットタイヤには、スペアタイヤが不要になるという大きなメリットがあります。

※ブリヂストンでは、実車試験、またはISO規格に基づいた室内ドラム試験において、速度80km/hで80kmの距離を走行可能なランフラットタイヤについて「ランフラットテクノロジー採用タイヤ」という呼称を用いています。

「安全面・環境面・機能面」でクルマ社会に貢献

空気圧がゼロになっても、つまりパンクしても一定の速度で一定距離の走行が可能なランフラットタイヤは、トラブルに見舞われた路上でのタイヤ交換の必要がありません。そのため、タイヤ交換中に事故に遭うといった二次災害の危険性がありません。また、ほとんど使用されることなく廃棄されるスペアタイヤ、ホイールが不要になることで、資源のムダ使いを減らすこともできます。この点においては環境にやさしいタイヤというわけですね。

さらに、スペアタイヤが不要になることで、クルマのトランクスペースに余裕が生まれます。クルマのデザイン自由度が増し、機能面の向上が期待できます。このように、ランフラットタイヤは「安全」、「環境」、「機能」の3つの面でクルマ社会に貢献しています。

こうした理由から、ブリヂストンではランフラット非装着車に対して、ランフラットタイヤとともに、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)、ランフラットタイヤ対応ホイールの装着を提案する取り組み、「ビークルフリー」を推進しています。

空気圧ゼロで走行可能なランフラットタイヤのメカニズム

ランフラットタイヤには、タイヤのサイドウォール部分を「サイド補強ゴム」で補強した「サイド補強型」が採用されていて、空気圧がなくなった場合は補強ゴムが荷重を支えます。乗用車用のランフラットタイヤには一般的に用いられる構造です。

また、空気圧が失われた際はタイヤが変形、発熱します。そのため、ビード部分の強度を高めるビードフィラーに低発熱性のゴムを使用し、発熱を抑制。さらに、パンク時にタイヤがホイールから外れることを防ぐため通常よりも太いビードを使用するなど、さまざまな技術の採用によってパンク時の走行を可能にしています。

なお、一般的なタイヤと一部構造が異なるため、ランフラットタイヤの交換時には専用の機材が必要になります。交換、買い替えをお考えであれば、一度コクピットまでご相談ください。

サイド補強ゴム

サイド補強型ランフラットテクノロジー採用タイヤのメカニズム

次世代ランフラットテクノロジーを採用したPOTENZA S001 RFT

タイヤサイドを補強する「サイド補強型」は、その反面でサイドが分厚く、硬いために乗り心地が非ランフラットタイヤと比べ、硬くなる傾向がありました。

ブリヂストンの次世代ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」では、その課題を“熱をコントロールする”ことで解消しています。ナノプロ・テックを採用した「新サイド補強ゴム」は、従来のものと比べてポリマー内のカーボンが分散され、摩擦によって生じる発熱を軽減しました。そして、サイド部分にはサイズによって異なる2種類の「クーリングフィン」を設置。空気の乱流を促して、タイヤを冷却します。これらの技術によって、乗り心地の改善に必要なタイヤサイドの柔らかさを確保しつつ、発熱を抑制することに成功しました。POTENZA S001 RFTはプレミアムスポーティタイヤ「POTENZA S001」と遜色のない乗り心地を実現しています。

また、トレッドパタンは、高いドライ&ウェット性能を持つPOTENZA S001と同じパタンを採用。POTENZA S001 RFTはPOTENZA S001と遜色のない乗り心地だけでなく、高次元のドライ&ウェット性能を発揮します。

クーリングフィン

ハイパフォーマンスカーに認められたラインナップ

現在、ブリヂストンのランフラットタイヤは、POTENZA S001 RFTの他に「POTENZA RE050 RFT」、「TURANZA ER300 RFT」、「DUELER H/P SPORT RFT」、「BLIZZAK RFT」がラインナップされています。上記の製品をはじめとしたランフラットタイヤは、その高い技術とパフォーマンスが評価され、フェラーリ、BMW、アウディといった世界を代表するハイパフォーマンスカーにも標準装備されています。

POTENZA RE050 RFT

POTENZA RE050 RFT

TURANZA ER300 RFT

TURANZA ER300 RFT

BLIZZAK RFT

BLIZZAK RFT

DUELER H/P SPORT RFT

DUELER H/P SPORT RFT

ランフラットタイヤの詳しい情報はこちら
POTENZA S001 RFTの詳しい情報はこちら
ランフラットタイヤへの交換をお考えの方はコクピットへ
関連記事を検索する
  • フリーワード