コクピットQ&A

一覧へ

マツダCX-5に合うスタッドレスは?

Q

マツダCX-5に合うスタッドレスは?

クルマをマツダCX-5に買い換えました。趣味のスキーを楽しむため冬場は毎週のようにスキー場へ出かけることもあって、燃費も走りも魅力的な注目のSUV、CX-5を選びました。それに伴いスタッドレスも新しく購入する予定です。標準サイズの17インチのままで交換しようと考えていますが、ブリヂストンのブリザックのラインナップであれば、どのような選択肢があるでしょうか?

SUV/4×4専用のブリザックDM-V1をおすすめします。

A

SUV/4×4専用のブリザックDM-V1をおすすめします。

ブリヂストンが誇るスタッドレスタイヤ“ブリザック”シリーズ。今シーズンは新製品のVRXが話題ですが、SUVや4×4モデルには専用に開発された“DM-V1”をおすすめします。DM-V1はブリヂストンの独自技術「レボ発泡ゴムZ」を採用。氷の上の水の膜を素早く、効果的に取り除くことで、氷路面にタイヤをより密着させ滑りにくくしました。また、高硬度のバイト粒子によるひっかき効果で氷上性能を向上させたほか、ゴムのしなやかさを維持することで氷上性能が長続きするのも特長です。さらに温度によるゴム性質の変化を抑制する「RCポリマー」を採用。氷雪路面だけではなく、乾いた路面や濡れた路面など、様々な路面状況に応じて高い性能を発揮します。

多方向に威力を発揮する“センターマルチZパタン”

ブリザックDM-V1は、SUV/4×4専用「センターマルチZパタン」を採用していることも見逃せません。センター部のZ形状のグループと4本のストレート主溝、そしてコンティニューラグ(連続した横溝)が高いエッジ効果と排雪性を発揮し、縦にも横にも優れた氷雪上での効きを実現しました。また、高いブロック剛性と排水性によって、ドライ路面とウェット路面での走行性能も向上。さまざまな雪道での効きをアップさせると同時に、雪のない路面での性能にもこだわっていることは、トレッドデザインにも表れています。雪道はもちろんのこと、往き帰りの高速道路や積雪のない街中での走行でも、DM-V1はオールラウンドにSUVの走りを支えてくれるのです。

センターマルチZパタン
BLIZZAK DM-V1 の詳しい情報はこちら

リーズナブルなスタッドレス用ホイールなら“エコフォルム”

ひとつの純正ホイールを用いて、季節ごとに何度も夏タイヤと冬タイヤを組み替える手間やコストを考えれば、スタッドレスタイヤには新しいアルミホイールを組み合わせるのが賢い方法。スタッドレスタイヤに相性のよい、リーズナブルでスタイリッシュなアルミホイールも登場しています。

例えばブリヂストンのオリジナルブランド“ECO FORME”にラインナップされるSE-12とSE-10は、スノーシーズンの使用を前提としたモデルで、ネーミングの“SE”は“Snow Edition”に由来しています。降雪地の道路では融雪剤がまかれることがありますが、SE-12/SE-10は1000時間にもおよぶ塩水噴霧試験をクリアする塩害への対策を施した上で、上品さあふれる塗装カラーを採用しました。鋳造リムスピニング製法の採用により、軽量化を実現しているのも大きな魅力です。

ECO FORME SE-12
■ECO FORME SE-12
ECO FORME SE-10
■ECO FORME SE-10

春がやってきたら、SUVには“DUELER H/P SPORT”

今回はスタッドレスタイヤをご紹介しましたが、ブリヂストンがリリーするSUV/4×4専用の夏タイヤといえば、“DUELER”シリーズです。なかでも、“DUELER H/P SPORT(デューラー エイチピー スポーツ)”は、ドライ/ウェット路面を選ばず、ハイウェイからワインディングまで優れたパフォーマンスを発揮するモデルです。

H/P=ハイウェイ・パフォーマンスのネーミングの通り、オンロードでの使用に主眼を置いたH/P SPORT専用コンパウンドのほか、POTENZA RE050の流れを汲むスポーティなトレッドパタンを採用。さらに、高い剛性によって優れたハンドリング&操縦安定性を実現し、偏摩耗も抑える「ラウンドシェイプブロック」や、各ブロックの周方向の長さを5種類にランダムに配列することで、パタンノイズを低減する「5ピッチランダムバリエーション・ブロック配列」など、さまざまな独自技術が盛り込まれています。

DUELER H/P SPORT
DUELER H/P SPORT の詳しい情報はこちら
愛車のスタッドレス探し・交換は最寄りのコクピットへ
関連記事を検索する
  • フリーワード