コクピットQ&A

一覧へ

Q

アライメント調整は足まわりの交換時に必要ですか?

先日、車高調を組み込みしましたが、その際にお店でアライメント調整をすすめられました。足まわりの交換を行った場合は、作業が必要になるのでしょうか?

A

同時にアライメント測定することをおすすめします。

タイヤの肩減り等の症状がみられるときだけではなく、車高調装着やローダウン、さらにはインチアップを行った場合にも、理想の走りを実現するためにアライメント調整をおすすめします。

コクピットのアライメント測定

アライメントって何?

タイヤ&ホイールが車体に対して取り付けられる角度や位置関係の総称です。適正でないと、ハンドルがブレる、まっすぐ走らない、曲がりにくい、曲がり過ぎる、加速が悪い、タイヤが偏摩耗するなどの症状が生じます。

こんなクルマは要注意!

  • フラフラする
    ■フラフラする
  • センターずれ
    ■センターずれ
  • タイヤ片減り
    ■タイヤ片減り

まずは測定しましょう!!

長く乗っていると、ズレが生じるものです。強い衝撃を受けたり、サスペンションの脱着を行ったり、車高を変えたりした場合はなおさらで、走りに違和感を覚えたら、測定機器&プロによる診断、そして調整を受けましょう。

アライメント測定
トー

直進性とコーナリング性能に大きな影響を与えます。車体を上から見た場合、タイヤのつま先が車体に対してどう向いているか?を示す数値です。「ミリ」あるいは「°」で表します。俗に内向きをトーイン、外向きをトーアウトと呼んでいます。

症状
前輪は±0か、わずかにトーインorトーアウトにします。後輪は±0か、わずかにトーインといったところです。角度が付き過ぎると、加速の悪化、直進安定性&コーナリング&ブレーキのすべてに不快感を覚えます。偏摩耗も生じます。
調整効果
直進安定性もしくはコーナリングのいずれを重視するかによって、効果の優先順位は異なりますが、まっすぐスムーズに走るようになり、ブレーキングで振動が生じなくなり、ハンドリングがシャープになります。加速も向上します。
キャンバー

トーと連鎖して、直進性とコーナリング性能に影響します。車体を前から見たとき、垂直方向に対して、タイヤがどれだけ傾いて取り付けられているか? を示す数値です。わずかに『ハ』の字状のネガティブキャンバーとなっているのが一般的です。

症状
角度が付き過ぎる(車高を下げるとそうなりがちです)と、タイヤの接地面積が減り、加速、乗り心地、ハンドリング、グリップ性能に悪影響を与えます。タイヤの内側だけが減る偏摩耗が生じ、タイヤのライフを縮めます。
調整効果
トーと併せて適正値に合わせると、ハンドリングやグリップ性能、トラクション(加速性能)が向上します。偏摩耗の恐れも少なくなり、乗り心地にも好影響をもたらします。ハブやドライブシャフトの負担も減ります。
キャスター

直進安定性のカギを握ります。車体を横から見たとき、操舵の軸となるキングピンは後方に傾けて取り付けられますが、その傾き角度です。近年のクルマはキャスター角を付けて直進安定性を得たうえで、相反する、曲げやすさも両得しています。

症状
前方向からの強い衝撃により、キャスター角が立ってしまうと、直進させようという力が弱まって、直進安定性が悪くなります。また、キャスター角が減ったタイヤのほうだけ曲がりやすくなるので、ハンドリングに違和感を覚えます。
調整効果
キャスター角が基準値から大きくズレてしまっている場合の修正はフレーム補正などをともなう大がかりなものになってしまいますが、微量はトーとキャンバーの調整で補うことができます。フラつきの少ない高い直進安定性が得られます。
走りに違和感を感じたときはお近くのコクピットへ
関連記事を検索する
  • フリーワード